土曜ワイド劇場「100の資格を持つ女(7)」

2013年6月15日(土)テレビ朝日系 21時00分〜23時06分

「100の資格を持つ女(7)」
〜信州の老舗蕎麦屋に潜入捜査!シングルマザーに警官Oし疑惑!!美女の涙に秘められた驚愕の真実とは?〜

あらすじ
バツイチで二人の子持ちの西郷美千花(渡辺えり)は、リストラ時の備えとしてさまざまな資格の取得に励む警察の事務職員。
事件捜査には関わらないものの、資格の勉強で得た知識を生かして容疑者のアリバイを崩してみせるなど、小山田刑事(草刈正雄)らのお手柄に貢献しているが、本音では、凶悪事件を扱う刑事課より総務課など穏やかな部署への異動を願い続けている。

 ある日、美千花が勤務する渋谷中央署の刑事課に、長野県の松本で起きた警官Oしの件で刑事が訪ねてくる。
警官Oしの容疑者は森山鈴子(小沢真珠)。
6年前に不倫相手を刺した傷害事件で、小山田が逮捕した女性だった。
当時、鈴子は不倫相手の子どもを妊娠していた。
罪を償い過去を乗り切る勇気をもって、立派な親になるよう出産を後押しした小山田は、まだ幼い娘のいる身で再び事件を起こしたことにショックを受ける。
 
松本では、老舗のそば屋「桑田庵」に勤める鈴子が、女将の桑田景子(大島さと子)の弟で警察官だった桑田謙一(田中隆三)から、鈴子の前科を娘の優奈(伊藤栞穂)にばらすと言われて、激高の末に刺Oしたとみていた。しかし、鈴子はこれを否定。
前科はあっても、生まれ変わったつもりで娘を育てているとはっきりと口にする。
 
課長の栗林中道(笹野高史)に内緒で松本に赴き、非公式ながら取り調べの様子を目にした小山田は、鈴子が犯人ではないとの心証を強く抱く。
しかし、管轄外の事件に首を突っ込むことは警察組織のタブーだ。
そこで、小山田は刑事ではなく職員の美千花に潜入捜査を懇願する。
これまで、幾度となく小山田たちの願いを聞き入れ潜入捜査をしてきた美千花は、その危険性をよく知っているためどうにか断ろうとするが、女手一つで子どもを育てている鈴子の気持ちを持ち出され、同じ身の上の女性として引き受けることに…。
 
 そば打ちの資格を生かして美千花が「桑田庵」に就職したその日は、折しも謙一の初七日。
店も営業を再開し、勾留されていた鈴子も証拠不十分で戻ってくる。
明るい材料に従業員の田中由香(遠藤久美子)や北沢八重(西尾まり)には笑顔が戻る。
しかし、女将の景子は鈴子の復職を拒否。2週間以内に出ていくよう勧告する。
 
その晩、途方に暮れた鈴子は、優奈の面倒も見ずに泣き伏していた。そんな鈴子を美千花が一喝。「母親の務めを果たせ!」と言われて目を覚ました鈴子は、二度と捨て鉢な態度はとらないと美千花に約束する。
 
 翌日、美千花は桑田庵の通信販売を請け負っている堂本直彦(大浦龍宇一)の事務所へと使いに出かける。期日を過ぎても売り上げの入金がされていないことを、景子に代わって伝えに来たのだが、そこにはなぜか松本署の刑事が。どうやら、謙一がO害された現場付近で、堂本のバイクが目撃されていたらしい。
 
 そんな中、鈴子の前に突然、優奈の父で鈴子のかつての不倫相手、つまり6年前に鈴子が刺傷した安西保(森下能幸)が姿を現す。安西は「優奈に会いたい」と言うが、いまだ妻のいる身。
そんな優柔不断さにほとほと嫌気がさしている鈴子は、「二度と来ないで」と強い口調で安西を追い返す。
 翌日になっても堂本オフィスからの入金はなく、今度は鈴子が事務所に出向くことに。そこで鈴子はある書類を目にし…。
 
 その晩、美千花は堂本と景子がこっそり会っているところを目撃する。ふたりは連れだってとある病院へ。
そこまでは上手く尾行した美千花だったが、景子と別れた後の堂本に気づかれてしまう。
何とかごまかしてその場を離れる美千花。
しかし、病院からの帰り道、堂本と思しきバイクに襲われてしまう!
 
 翌朝、美千花は出勤途中でまたしても堂本のバイクを目撃する。
とっさに逃げ出そうとする美千花。
だが、注意深く周囲を見回すと、そこには絶命している堂本が…!

出演者:渡辺えり 小沢真珠 遠藤久美子 大島さと子 大浦龍宇一 森下能幸 田中隆三 西尾まり 笹野高史 草刈正雄
2013年06月09日 11:50 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
   
         
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。