土曜ワイド劇場「西村京太郎トラベルミステリー 秩父SL 3月23日の証言」

2013年7月13日(土)テレビ朝日系 21時00分〜23時06分

十津川警部 秩父SL・三月二十七日の証言 (十津川警部シリーズ)
十津川警部 秩父SL・三月二十七日の証言 (十津川警部シリーズ)

あらすじ
警視庁捜査一課の十津川警部(高橋英樹)のもとに、元同僚の娘で東京地検検察官の村井貴子(小沢真珠)が訪ねてきた。
貴子は、十津川たちが容疑者を送致したO人事件の担当検事として2週間後の公判で初めて法廷に立つ予定だったが、その事件のことで奇妙な事実が浮上したというのだ。

有名な旅行作家・小島俊介(村杉蝉之介)が事件当日、秩父鉄道の“SLパレオエクスプレス”で、容疑者のイラストレーター・戸川雅夫(窪塚俊介)を見かけたとブログ記事に綴っているのが見つかったという。

 それは、十津川たちにとって、あとは裁判を待つだけの、“終わった事件”のはずだった――。
2カ月前の3月23日、出版社社長・秋山博之(篠塚勝)が練馬区内の自宅で刺Oされた事件で、犯行現場の床から傷害事件の前科を持つ戸川の指紋が検出されたのだ。
戸川はギャランティーをめぐって秋山ともめていたばかりか、かつて埼玉県川越市内でローン会社を経営していた秋山のあくどい取り立てのせいで父親が自Oに追い込まれた過去を持っていた。
 
 現場の金庫から義弟・島崎良治(佐伯新)の借用書と、若い女性数人の写真をおさめたSDカードが出てきたことも気にはなったものの、戸川が取り調べで自供。その中には犯人しか知りえない事実、つまり“秘密の暴露”もあったため逮捕、起訴に至っていた。

 だがもしも事件当日、戸川が本当にパレオエクスプレスに乗っていたら犯行は不可能だ。
十津川と亀井刑事(高田純次)は、長期海外旅行から帰国したばかりの小島を訪ねる。
小島によると日にちに間違いはなく、3月23日の午前10時、熊谷駅のホームで女性と一緒に写真を撮る戸川を見かけたと証言する。
車内で姿は見なかったが、午後2時ごろ、終点の三峰口駅で駅員と話している戸川も目撃したという。連れの女性はつばの広い黒の帽子を被っており、顔は見えなかったというが、三峰口駅の駅員にも確認したところ、戸川は3月23日に「車内で手帳を落とした」と遺失物届出書まで出していたことがわかる。
 十津川たちは、戸川が当初、知り合いの女性に頼んでアリバイ工作を企んだのではないかと推測する。
パレオエクスプレスに乗車したと見せかけてすぐに電車を降り、熊谷駅から車で犯行現場に向かい、O害後にまた三峰口駅に戻ったのではないか…と。
だが、取り調べを受けて観念し、女性に偽証罪で迷惑をかけるのも気が引け、翻意して自供したのではないだろうか。
 報告を受けた貴子も、それならつじつまが合うとホッとする。だが、貴子の上司の須崎秀夫検事(吉満涼太)は、人権派として有名な弁護士・梅木浩三(蟹江敬三)が弁護に当たることを懸念、裁判が始まったとたん一転して容疑を否認し、無罪を主張しないとも限らないと釘を刺す。

 ところが第1回公判まであと9日に迫った朝、なんと秋山の妻・裕子(辻沢響江)が刺Oされているのが見つかった…!夫がOされたときと手口が酷似しており、もしも同一犯の犯行だとすれば、この犯行は戸川には不可能なため、戸川は秋山博之もOしていないことを意味する。
事件はさらに深い謎に包まれていくが…!?

出演者:高橋英樹 高田純次 蟹江敬三 窪塚俊介 小沢真珠 秋本祐希 森本レオ 宇梶剛士 山村紅葉 伴杏里
2013年07月07日 11:19 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

水曜ミステリー9「ガンリキ3 警部補・鬼島弥一」

2013年7月10日(水)テレビ東京系 21時00分〜22時48分

あらすじ
佃島の古い一軒家で、大手投資信託会社の総務部長・三田村圭介(川野太郎)が練炭の不完全燃焼による一酸化炭素中毒で亡くなった。
現場に駆けつけた警部補の鬼島弥一(中村梅雀)は、部屋の隅でひざを抱えて座る女性に気付く。
女性はこの家の主・河合美鈴(床嶋佳子)で、三田村とは愛人関係にあった。

 警視庁捜査一課の刑事・山形(布施博)らによる現場検証で、美鈴の引き出しから三田村名義の通帳が発見される。
しかも、1週間ほど前に2000万円入金されたばかりだった。
三田村からもらったと主張する美鈴に、山形は不信感を抱き任意で事情聴取することに。
美鈴は三田村の発案で、練炭で焼肉をした後、先に二階に上がり就寝。翌朝起きたところ三田村が一階で死亡していたと話すが、山形はそんな美鈴に疑念を強める。
一方鬼島は、美鈴の冷蔵庫に杏仁豆腐が二つ入っていたことが引っかかっていた。

その後の捜査で、美鈴が5年前に夫を火事で亡くし、生命保険で5千万円を手に入れていたこと、また三田村が資産家の実家から3億円の遺産を相続していたことが判明。
山形は、三田村の金を狙った犯行であるとにらみ、美鈴の金の流れを洗うよう部下に指示。
そこへ、三田村の体内から睡眠導入剤の成分が検出されたと報告が入る。山形は美鈴が容疑者であると確信するが、鬼島だけは犯人が美鈴ではない気がしていて…。

鬼島は、再びコンビを組むことになった捜査一課の落合七海(黒川芽以)と三田村の家を訪問。
妻の百合子(梶原真弓)は深く悲しんでおり、家族仲も良く不審な点は見られなかった。

事情聴取を終えた美鈴を、鬼島たちが家まで送り届ける途中、突然男が現れ美鈴に包丁を振り上げた!鬼島の機転で事なきを得たが、その男・大川(掛田誠)は、美鈴と付き合っていた当時、美鈴と喫茶店を出す話になり800万円出資。
だが、美鈴は途中で店を出すのをやめると言い出した上、出店準備に使ってしまったらしい。
全く誠意をみせない美鈴を恨んでの犯行だった。またも美鈴による金絡みの事件だったが…。

決定的証拠をつかむべく捜査を進める鬼島たちは、三田村が勤めていた会社で、営業部長の長野(木下ほうか)と営業部員の北川(水上剣星)にも話を聞く。
だがその翌日、北川が鋭利な刃物で刺され、死体となって発見される。長野が北川の仕事ぶりを調査したところ、北川に関するとんでもない事実が明らかになり…!?

出演者:中村梅雀 黒川芽以 床嶋佳子 布施博 モト冬樹 川野太郎 木下ほうか 田中美奈子 宝積有香 田中律子 水上剣星 萬雅之 大和なでしこ 掛田誠


2013年07月04日 11:59 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜ゴールデン「警視・深町征爾2 O人者にラブソングを」

2013年7月8日(月)TBS系 21時00分〜22時54分

あらすじ
ゲームセンターから、けがを負っている女性がいるとの通報が。
警官が駆けつけると、女性はすでに姿を消した後で、附近を捜索中にその警官が何者かに銃Oされるという事件が起こった。

警察は、ただのO人事件とは違い、法秩序に対する明らかな挑戦状だと重要案件として捜査に動き出した。
同じころ、捜査一課の深町(舘ひろし)は、国家公安委員長の娘・友梨恵(塚田帆南)の極秘捜査を命じられる。
家出中の友梨恵は、薬物使用が疑われていたのだ。
そして、捜査一課に転属になったばかりの朝倉香澄(山本未來)を紹介され、深町の相棒として一緒に捜査にあたるよう言われる。

 犯行現場附近の防犯カメラから、警官Oしの容疑者らしき男が浮上する中、深町と浅倉は友梨恵が最後に電話をした相手・陽菜子(藤井武美)に会うことに。
陽菜子は、友梨恵とはバイト先のゲームセンターで知り合ったが、素性は詳しく知らないと言いながら、携帯電話に送られた写真を見せられた深町たちは、ゲームセンターで姿を消した女性が友梨恵だと確信する。
さらに、友梨恵と一緒にいて右腕だけが写っている男が、警官Oしの犯人の可能性があるとにらむ。

間もなく、警官Oしに使用された銃が、15年前に捜査4課の警部・立花(並樹史朗)が射Oされた事件と同一のものと判明する。
それを聞いた当時の立花の部下・沖田(池田努)が、捜査協力を申し出る。
そして、深町は沖田から、Oされた立花は、実は浅倉の父親だと知らされる。

出演者:舘ひろし 山本未來 池田努 斉藤歩 多岐川華子 藤井武美 中西良太 誠直也 ベンガル 田村亮
2013年07月02日 11:40 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜ワイド劇場「再捜査刑事・片岡悠介(5)」

2013年7月6日(土) テレビ朝日系 21時00分〜23時06分

あらすじ

警視庁刑事・片岡悠介(寺島進)と奥村澪(原沙知絵)が所属する特命捜査対策室、通称“再捜査班”は、主として未解決事件の継続捜査を行う部署である。“再捜査の鬼”の異名を持つ悠介は、これまで数々の未解決事件の真相を暴きだしてきた。

 ある日、悠介たちは捜査一課の刑事・本田勇蔵(不破万作)から、12年前に石川・金沢で起きた未解決の誘拐事件の再捜査を持ちかけられる。
友人の石川県警刑事から協力を頼まれたのだが、本田は捜査一課刑事・榎本香織(南果歩)らとともに銀座のクラブママ・倉田典子(遠野なぎこ)がO害された事件の捜査にあたっており、協力ができないという。
 
 休暇を取ってさっそく金沢に赴いた、悠介と澪。
その誘拐事件は12年前、能登半島・加能岬で少女・宮坂茜(加々美瑠菜)の溺死体が見つかったことが発端だった。
茜は老舗旅館の社長・宮坂勇(金山一彦)と若女将・藍(佐藤藍子)のひとり娘で、誘拐されたあと、犯人から電話で「警察に届けたら命はない」と脅されていたため、勇の母で大女将の澄乃(根岸季衣)が通報を控えたという。

 その夜、身代金5000万円を指定場所に届けたが、犯人からの連絡はそれきり途絶えてしまい、翌日警察に届けたものの、時すでに遅く、茜は変わり果てた姿で見つかった…という痛ましい事件だった。
 手がかりを求め、藍を訪ねた悠介と澪。
彼女は事件のあと、勇と離婚して旧姓の“嶋村”に戻り、亡き父の跡を継いで加賀友禅の作家になっていた。
藍は悲しみをこらえて、事件を振り返るが…!?

 そんな中、浮上したある容疑者の名前を聞くと、なんと、つい先日Oされたクラブのママ・倉田典子だった。
典子は当時、勇の愛人で、多額の借金を抱えていたという。
だが、誘拐事件当日、典子と勇は越中八尾に旅行に出かけており、犯行は不可能だと判断されていた。
 すぐさま、典子がOされた事件を捜査中の香織に確認したところ、典子は息を引き取る間際、「ビョ・・・ケイコ・・・ミエ」という謎の言葉を残したという。
また、O害現場に黒百合の花が一輪、落ちていたのも謎だった。
 
 はたして、12年前の誘拐事件に潜む嫁姑の争いの真相とは…!? 
そして銀座クラブママO害に潜む秘密とは…!? 悠介が、ダイイングメッセージと黒百合の謎に挑む…!

出演者:寺島進 南果歩 原沙知絵 金子貴俊 不破万作 吉田羊 佐藤藍子 根岸季衣 音無美紀子 吉行和子
2013年06月30日 20:15 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜ゴールデン 森村誠一サスペンス「魔性の群像 刑事・森崎慎平」

2013年7月1日(月)TBS 21時00分〜22時54分

魔性の群像 (祥伝社文庫)
魔性の群像 (祥伝社文庫)

あらすじ

6年前に妻を亡くし、元検察官の義父・朝比奈(加藤剛)の家で暮らす警視庁捜査一課の刑事・森崎慎平(小泉孝太郎)。
その森崎の中学時代の恩師・本木雄一(小笠原良知)が変死体で発見された。
死因は石油ストーブによる一酸化炭素中毒。刑事たちは「事故」との見方を強めるが、森崎には腑に落ちない点があった。
動物アレルギーの本木の部屋に動物の毛が落ちていたのだ。

さらに調べていくと、本木には消費者金融に多額の借金があった。
本木はある教え子の借金の連帯保証人になっていたらしく、森崎の旧友たち、特に当時の問題児ばかりを訪ね、金の無心をしていたこともわかった。
森崎は親友の前原(田中壮太郎)からも事情を聞くが、本木からは連絡がなかったという。
 
 事件の臭いが色濃くなっていった矢先、本木の胃に残っていた睡眠薬が普段から彼が常用しているものと違う薬であることが判明した。
そんな折、本木の教え子の一人・黒田(田中美央)が一酸化炭素中毒で死亡した。
森崎は黒田がとある定食屋に何度も通っていたことを突き止めた。
前原は宮市純子(長山藍子)が切り盛りするその店の常連客だったが、黒田には会ったことがないという。
前原と黒田に何か関係があると睨んでいた森崎は、前原の証言に疑問を持ち始めていた

出演者:小泉孝太郎 加藤剛 長山藍子 田中壮太郎 堀内正美 加藤頼 大河内奈々子 小笠原良知 田中美央 荒木真有美
2013年06月25日 21:05 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜ワイド劇場「東京駅お忘れ物預り所 大井川鉄道SL“かわね路”2分間の空白!!」

2013年6月29日(土)テレビ朝日系 21時00分〜23時06分

あらすじ

望月幸平(高嶋政伸)は、東京駅遺失物係、通称“お忘れ物預り所”に勤務するJR職員で、上司の嶋田福男(北村総一朗)の家に下宿している。
嶋田の妻・満江(高橋ひとみ)は東京駅の助役で、普段から嶋田は妻に頭が上がらないのだが、浮気がバレて以来、この夫婦は別居状態にある。

 幸平と同僚の村尾由希子(櫻井淳子)は、嶋田夫妻と共に大井川鉄道のSL列車に乗車する。
大の鉄道ファンである幸平が、大井川沿いのケアハウスに入居している知人・殿山末雄(山本學)を訪ねるという嶋田夫妻の旅に同行を申し出たのだ。
殿山は嶋田の大先輩、かつてはSLの機関士を務めたバリバリの鉄道員だった人物だった。
SLの中で、幸平たちは車内に土産の袋を置き忘れそうになった柴田美奈子(宮本真希)と知り合いになる。
美奈子は奇しくも殿山が暮らすケアハウスで働く介護福祉士で、現在、研修を受けるために都内に滞在しており、その日はケアハウスに一時帰宅する途中だったらしい。

 ケアハウスは、園長の森崎静代(松原智恵子)が自らの資産をつぎ込んで運営されており、殿山や元看護師の宮本康子(赤座美代子)ら入居者たちにはそれぞれに持ち場が与えられ、生き生きと生活していた。
また美奈子たちスタッフも親身な介護をしているのが印象的だった。
だが、この園は大手のケアハウスグループによる買収のターゲットにされ、グループ幹部の正岡和也(菅原大吉)は幾度となく静代のもとを訪ねては、買収の話を持ちかけていた。

 翌朝、園近くの雑木林を散策していた幸平と由希子は、介護スタッフの村川吾郎(大熊ひろたか)の死体を発見! 静岡県警の五十嵐貞夫警部(片桐竜次)たちはO人事件とにらんで捜査を開始するが、帰京した幸平たちの元に静代から電話が入る。
なんと美奈子が五十嵐たちに連行され、取り調べを受けているという。
被害者の携帯電話の履歴から、事件の直前、村川が美奈子に2度電話していることが判明したのだ。実は、美奈子には15年前に補導歴があり、ケアハウスの入居者で当時刑事だった加東秀治(寺田農)に救われたという過去があった…。
 
 そんな中、美奈子がケアハウスで入居者に虐待を働いているというデタラメな記事が週刊誌に掲載された。
正岡らが仕組んだものと思われたが、静代たちのことが心配になった幸平は、釈放された美奈子と共にケアハウスに向かう。
ところが、その夜、正岡が転落死する事件が発生して…!?

出演者:高嶋政伸 櫻井淳子 高橋ひとみ 北村総一朗 宮本真希 赤座美代子 松原智恵子 山本學 寺田農 片桐竜次
2013年06月23日 11:46 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

金曜プレステージ・スペシャルドラマ鬼女

2013年6月28日(金)フジテレビ系 21時00分〜22時52分

あらすじ

拘置所の面会室。男をだまし、2人O害した罪で起訴された三崎真由美(藤山直美)の話をフリーライターの野元千明(夏川結衣)が聞いている。
真由美は、「私はただあの人らに愛されてしもただけや」と言うのだった。
注目の裁判が始まり、検事の岡部貴子(田中美佐子)が起訴状を読み上げる。
傍聴席には千明の姿もあった。
無実を主張する真由美の姿に千明は、世間のイメージとは違う、どこか凜とした印象を受ける。

被害者の飯塚幸助(岸部一徳)の娘・緑(小池栄子)が証人台に上がった。
真由美とは骨董鑑賞サークルで出会うが、自宅全焼で死亡。
事故死として処理されたが、真由美が飯塚の口座から引き出した900万円の行方は不明。緑は「父があんたみたいなブスに本気になるわけがない!」と逆上する。

貴子が疲れて家に帰ると、年下の夫・慶介(長谷川朝晴)が女友だちと楽しげに電話していた。週3日大学の講師をしているだけのお気楽さに苛立つ貴子。
真由美が手に入れた2億円の半分以上が使途不明金だ。
千明は昔の真由美を知る高瀬玲子(キムラ緑子)を訪ねるが、追い返される。
もう1人の被害者・森園昭雄(近藤芳正)は、睡眠導入剤を服用し浴槽で死亡。貴子は、森園が死んだ日、びしょ濡れの真由美を見たという、長谷川稔(甲本雅裕)を重要な証人としてつかんでいたが…。
一方、千明は玲子から話がある、と言われ、真由美の知られざる重要な事実を知ることに…。

出演者:藤山直美 夏川結衣 宅間孝行 小池栄子 甲本雅裕 銀粉蝶 田島令子 キムラ緑子 南沢奈央 石丸謙二郎 近藤芳正 岸部一徳 田中美佐子
2013年06月22日 12:36 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペシャルドラマ「怪物」

2013年6月27日(木)日テレ系 21時00分〜23時08分

解説(ネタバレ)
事件現場を感じとる特殊能力を持つ刑事 香西武雄(佐藤浩市)と薬品を使い、人間を跡形もなく消す真崎亮(向井理)。
香西は真崎との関係が深まるにつれて、真崎の恐ろしさを知ることになる。
香西は特殊能力を武器に真崎との対決に挑む。
真崎を倒そうとする香西であったが、真崎側についた里紗を説得するうち自分も真崎と同類であることに気付く。
真崎、香西、里紗は手を組み人間を消すブローカーとなった。
ミイラ取りがミイラになったのである。

怪物 (集英社文庫)
怪物 (集英社文庫)

あらすじ
警察の中で孤立し、左遷を間近に控えている刑事 香西武雄(佐藤浩市)。
彼には忘れられない事件があった。
15年前、8歳の少女が誘拐、O害された事件だ。
香西は、O人があった現場で「死の匂い」を嗅ぎとる特殊な感覚を持っていた。

その時、香西は、当時大学生だった代議士の息子、堂島昭(要潤)の部屋でその匂いを嗅いでいた。
しかし、権力の壁に阻まれ、堂島を逮捕することが出来なかったのだ。
それ以降、香西はその特殊な能力と正義感ゆえに煙たがられて孤立し、香西もそんな警察組織に失望していた。

今や政界のホープとなった堂島がスポットライトを浴びる一方、香西は担当外である失踪人捜査を押しつけられる。
新米刑事、石川えみ(栗山千明)と共に失踪者、橋爪の足取りを追う中、訪れた最新鋭のゴミ処理施設で、香西は思いがけず「死の匂い」を嗅ぐ。
そこには、DNAをも溶かす水 亜臨界水の研究者、真崎亮(向井理)がいた。

真崎の不気味な佇まいと「死の匂い」に、香西は、真崎が亜臨界水で橋爪を消したと確信する。

そんな時、香西の前に「15年前の事件の犯人を知っている」と言う女性、藤井寺里紗(多部未華子)が現れる。
里紗は15年前の事件直前、堂島に襲われていた。
心に傷を負いながらも必死に堂島を告発しようとしている里紗のけなげな姿に、香西は失いかけていた希望を取り戻し、正義感を奮い立たせる。

里紗と協力して堂島を追い詰め、堂島の口から真相を喋らせようとする香西。
ところが、その最中に里紗が偶発的な事故で堂島を死なせてしまう。
なんとしても里紗を守りたい香西は、葛藤の末に恐ろしい手段をとる。
それは、真崎に亜臨界水で堂島の遺体を処理させる事だった。

真崎は、香西の頼みを聞き入れ、あっさりと堂島の遺体を処理してくれる。
ひとまず安堵する香西だったが、しかし、人を人とも思わず、命をそして人間を次々と消していく真崎の常人を超越した言動に今まで感じたことのない底知れぬ恐怖を感じ不安になる。
そして、不安は的中する。
香西に興味を抱いた真崎は、香西にとって最も大切な存在となっていた里紗をあっさりと手なずける。香西を挑発してきたのだ。

香西は里紗を奪還するため、正義感と「死の匂い」を嗅ぐ特殊な感覚を武器に、証拠も罪悪感も残さずに次々と人間を消してきた怪物真崎を追い詰めようとする。

だがそこには香西の正義感をも揺るがす、衝撃の展開が待ち受けていた。

出演者:佐藤浩市 向井理 多部未華子 矢島健一 矢柴俊博 いしのようこ 栗山千明(特別出演) 要潤
2013年06月21日 09:00 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月曜ゴールデン「オバベン〜京都ふたりの女弁護士〜」

2013年6月24日(月) TBS系 21時00分〜22時54分

あらすじ

京都市内のゴミ置き場でスーツケースに詰め込まれた老舗料亭の若社長・歩川大介(遠山悠介)の死体が発見された。  
鴨川西署の小金井研四朗(山田純大)警部が捜査を開始する。
世間の関心も高い事件とあって、派手に報道された。

間もなく、大介の妻・マリア(山下裕子)がスーツケースを運んでいる姿を見たと証言する人物が現れ、小金井はマリアの取り調べを始めた。

マリアの担当となった国選弁護人の笠木一子(杉田かおる)は、司法研修時代の同期である富永優美子(羽田美智子)に声を掛け、二人で事件に取り組むことに。
マリアは大介より17歳年上で、元ホステス。
料亭の大女将で義母の佐知代(高田美和)と大介の二人の姉、春海(棟里佳)と夏子(遊井亮子)は、マリアが大介と結婚して若女将に納まったことを快く思っていない。というのも実は、ほかに婚約者がいた大介が、マリアに騙されて結婚するはめになったと疑っていたからだ。

マリアは接見に訪れた優美子と一子に反抗的な態度をとる。
そして犯行時刻には、橋のたもとで初めて会った男性と話をしていたと語る。
それが証明できればマリアのアリバイは成立するが、優美子たちにはその話が事実なのか確信が持てなかった。
優美子と一子が不安を抱えたまま裁判が始まった。
事件当日の目撃者や大介の元婚約者が証言に立ち、次々と事実が明らかになる。なかにはマリアに不利な事実もあり、優美子たちは苦戦を強いられる。

そんな最中、一子が担当する別の案件の依頼人・森下忍(川崎亜沙美)の死体が京都の山中で発見された。
動揺して集中力を欠く一子を優美子が一喝する。
改めて事件のいきさつを整理する優美子と一子を前に、一子のアシスタント・熊野マキ(青山倫子)がある事実を指摘する。
そのひと言をヒントに、優美子は見落としていた盲点に気付いた。それが糸口となり、意外な真実が明らかに…。

出演者:羽田美智子 杉田かおる 青山倫子 山田純大 高田美和 山下裕子 遊井亮子 渋谷哲平 上杉祥三 竹内都子 川崎亜沙美
2013年06月18日 11:21 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜ワイド劇場 おかしな刑事「居眠り刑事とエリート女警視の父娘捜査」

2013年6月22日(土) テレビ朝日 21時00分〜23時06分

あらすじ

鴨志田新一(伊東四朗)は、警視庁東王子署の警部補。
別れた妻との間にもうけた娘・岡崎真実(羽田美智子)は警察庁刑事局のエリート警視だが、鴨志田と真実が実の親子だということは、2人の職場の人間は誰も知らない…。
 
 鴨志田と真実の同居人・姉小路行人(石井正則)が苦節ン年、ついに司法試験に合格した! 
真実は行人のために、売れっ子のパーティーコーディネーター・矢野涼子(遊井亮子)に依頼し、盛大な合格祝いの会を開催する。
そのパーティーの途中、鴨志田はO人事件発生の知らせを受けて現場に急行する。

奇しくもパーティー会場の近くにある倉庫で、自動車の整備工・江口勇二が刺Oされたのだ。
第一発見者は近所に住む造園会社社長・大谷道彦(青山勝)で、現場から逃走する若い男の姿を見たという。

 まもなく凶器のナイフに付着していた指紋から容疑者が浮かび上がるが、捜査会議で居眠りをしていた鴨志田は、その名前を聞いてビックリ! 

疑われていたのは、鴨志田の旧友・川村雄三(山本圭)の息子で、O人の前科のある啓太(蟹江一平)だったのだ。
 実は事件の夜、珍しく「相談がある」と啓太から鴨志田の携帯電話に連絡があったのだが、ちょうどパーティーの最中で周囲がうるさかったため、「またかけ直す」という言葉を最後に会話が途切れてしまったのだった…。
 
 5年前、柔道の心得のある啓太は“飛鳥権現花笠祭り”の会場で不良に絡まれた女性を救った際、殴った相手の命を奪ってしまった。
だが、その女性がこつ然と姿を消してしまったため、「女性を助けようとした」という啓太の主張は認められず、判決は執行猶予なしの懲役5年。
半年前に出所した後は、涼子が在籍するデリバリーサービス会社で働いていたが、合わせる顔がないからなのか余命いくばくもない雄三を見舞うこともせず、鴨志田も心配していたところだった。
 
 江口と啓太は刑務所内で知り合ったらしく、現場には、啓太のものらしいキーホルダーが落ちていたこともわかった。
かつて啓太に柔道を指南したことや、5年前、啓太が助けたという女性を見つけ出すことができなかったことを悔やみ続けていた、鴨志田。容疑者と知り合いという理由で捜査班から外されたものの、独自捜査を開始する。
 
 そんな中、なぜかOされた江口が、第一発見者の大谷が所有する高級外車を乗り回していたことが発覚。
 大谷は被害者との面識はないと言っていたはずだが、どういうことなのか…!? 
手がかりを求めて、鴨志田と真実はちょうど開催中だった飛鳥権現花笠祭り会場を訪れるが、そこでなんと啓太の姿を発見! 
ところが直後、大谷がグラスを手に苦悶し、息絶えてしまう。
疑いはまたもや啓太にふりかかり、犯人の逃亡を助けたとして鴨志田は謹慎10日間を命じられてしまうが…!?

出演者:伊東四朗 羽田美智子 石井正則 遊井亮子 小林綾子 山本圭 阿知波悟美 蟹江一平 中西良太 小倉久寛

2013年06月16日 10:40 | 地上波放送予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
   
         

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。